”母”を入れる 季語は、自由

f0180298_17232848.png

[PR]

# by chiibaba | 2017-05-23 19:09 | 俳句 | Comments(0)  

季題 春灯

春灯す真砂女のいそうな小料理屋
春灯の季題に、鈴木真砂女の、割烹着姿、が浮かんだ。昭和の俳人 真砂女は、当時テレビにも出演し 俳句も紹介された。波乱の人生 ”羅や人悲します恋をして”~~
近況の曾孫の絵手紙春灯す

f0180298_1411416.jpg曾孫10人中6番目の岩渕真帆です。 小学校3年生です。東京に住んでいます。成長が楽しみです。







f0180298_17112520.jpg春深し山芍薬の開き初む
[PR]

# by chiibaba | 2017-04-27 10:13 | 俳句 | Comments(2)  

季語 菫・一輪草

夜叉倍子の根っこに集うすみれかな
また会えた墓碑のほとりの菫かな
     掃苔の時すみれだけは、残しておくので毎年、季節が来ると墓石の周囲        花をつけています。今年は、地震の影響で、周囲も荒れた感じですので、一層愛着がわきまました。
一輪草森の光の柔らかし
こぞり咲く一輪草や水無し川
f0180298_11165438.jpg










花の下歌えや踊れ夜明けまで
f0180298_1654468.jpg
[PR]

# by chiibaba | 2017-04-03 10:40 | 俳句 | Comments(7)  

季語 春落葉

001.gif春落葉里山を歩す老婆かな
f0180298_11153366.jpg3月25日、いつもより早起きして、朝食も済ませていたので、 次男からの 立田山の誘いは、嬉しかった。
配水場に駐車。 ”俺 登ってくるけん、疲れたら車の中で休んどきなっせ”  ところが今回は”少し登って見んね” 途端に、私もその気になった。左手は、次男の背中、右手に杖・・ポチポチ と
歩き出した。只管歩いた。どこまで歩けるか、もしかしたら頂上まで・・151mの頂きについた。\(^o^)/
頂きの椿の木の下の長椅子に、休むことが出来た。路も樹木も整備され、美しい・心地良い・懐かしい 有難う。
下りは春蘭・すみれ・など眺める余裕ができた。
老いるとは・・希望の窓が、1つずつ閉ざされてゆくことだとか、
[PR]

# by chiibaba | 2017-03-28 11:16 | 俳句 | Comments(2)  

季題 春の昼

001.gif春の昼エレベーターにややの笑み
f0180298_14562412.pngエレベーターの。狭い空間に、乗り合わせた0歳児がいた。キョトンとしていたが、すぐにっこり笑った。おお可愛い!!
エレベーターの中みんなにっこり・・一瞬の間だったけれど・・




001.gif春の昼マッサージ機のスイッチON
f0180298_13464712.png春の昼のひと時でした。







072.gif末黒野や重機を抱く阿蘇裾野(3/5)
f0180298_14431272.png通り過ぎたあの
末黒野・・眼裏に
[PR]

# by chiibaba | 2017-03-10 13:29 | 俳句 | Comments(4)